私がお手伝いさせていただいている交流会で「ユビキタスカフェ in Tokyo」というものがあります。

佐川印刷東京支店の8階会議スペースを使ってセミナーや異業種交流会を行っています。一昨日になりますが7月27日にザ・レジェンドホテルズ&トラスト株式会社の鶴岡秀子社長に1時間強の講演を頂きました。

鶴岡社長は10歳で起業したいと思った方で、そのためのステップとしてまず小売業のアパレル時代には年間20人分の販売を成し遂げ、自分が勤めていたエリア全体の売り上げを伸ばしたそうです。

彼女はそこから外資系コンサルタント会社へ転職し、その後に3人で会社を興しますが14億円ほどの会社に成長させたところで楽天に自社株を売却したそうです。

現在の楽天リサーチを作った人と言えば分りやすいですね。

 

現在の彼女の目標は「伝説のホテル」を作ること。このために鶴岡社長が行っていることや、過去の会社経営で身に付いた採用の際のポイント。そして目標と目的の違いを分りやすく解説いただき、人を好きになることから「天国体質」という本を最近出版したそうです。amazonで1位になったそうなので、興味があればご覧いただきたいと思います。

 

私自身も勉強になりますが、人はそれぞれ目標や目的を持って生きている。

鶴岡社長の言葉ですが、目的は手の届かないことで、逆にいえば永遠に追い続けるもの。目標は達成させるための数値であったり、かなえて乗り越え、新たなテーマを掲げられるもの。

さて自分の目的はといえば「インターネットを利用して人々が幸福を感じてもらえる事」目標は「年間50サイトのWEB制作を行い、安価で喜ばれるCMS導入型のビジネスを成功させる事」です。

 

話はそれてしまったが、私が異業種交流会に積極的に係ることになった背景に、自分自身改革があります。それまでの自分は参加する側で、主導する側ではありませんでした。

運営側に回ると自然と人との出会いが多くなり、鶴岡社長のお話も一聴取者ではない物の見方が出てきます。講演者の人となりや考え方、人に与える影響などを様々考えるようになりました。

 

でも本当に運営するのは大変ですよね・・何事もですが。