私が以前に所属していた印刷会社の上司が還暦を迎えられます。

その方はとても60歳には見えない方で、現在取締役をされています。私とは印刷会社へ上司の部長が入社する以前に銀行マンをされていた時に出会いました。

最初の印象は銀行マンだなというものでした。お客様をご紹介いただいたわけですが、印刷知識が無い中で臆することなく私どもをお客様へ繋いでゆく感じは、製造業でやっている私とは少し違う感覚でした。

製造業の営業の場合、自社の優位性などを価格や品質と合わせて提案するケースが多いと思います。

ただ、この銀行出身の上司の口癖は「選ぶのはお客様だ」を信条としていて、いいものであれば客が選ぶ。だから紹介することはお客にとってもメリットがあるというものでした。

ある時から銀行マンだったその方は、製造会社である印刷会社に部長として入社され上司になりました。

なかなか銀行出身者の感覚に周りは慣れないようでした。本当のところ私もその一人でしたが。

私も一昨年に22年勤務した会社を脱サラして独立しました。その後も部長には在職中以上にお世話になっています。今日はその方の還暦祝い&交流会があります。

幹事と司会をするので現在準備中ですが、晴れの日ですから満足いくイベントを行いたいと思います。