先日、知り合いのスイーツを取り扱っている会社の方から電話がありました。

 

amazonのFBAを利用しているそうですが、購入者から色々と指定があってトラブルになりかけたそうです。購入者がギフトとして送り主に名前を伏せて商品を送りたいと注文後にメールなどで依頼をしてきたそうです。

 

商品自体は冷凍で出荷を店舗が行っており、注文の部分をFBAを利用している状況でした。FBAからの指示でスイーツ店は少し疑問に思いながら商品出荷をしたのですが、配送先から自分は注文していないので受け取り拒否をされたと運送会社から連絡があり、届け先に連絡をしたそうです。

 

このようなケースは一般的な贈答ではありがちな話だと思うのですが、今回は商品購入者(送り主)が送り状に商品購入者の氏名記載を拒んだので、店舗名で出荷したそうです。結果、受け取る側は何か気になったのでしょうね、受け取り拒否となり冷凍品の商品は宙に浮いてしまいます。

 

一般的に受け取り拒否の商品は出品者(通販事業者)への商品代金と販売手数料の返金が行われますが、FBA出荷代行手数料につきましては、FBAの配送に関わる作業の手数料などにあたるため、出品者様への返金は行われないものとなります。

 

要は受け取れるように連絡して納める努力を出品者(通販事業者)がして下さいと言う事になります。

昨今、運送会社の再配送問題が取りざたされていますが、食品である冷凍スイーツなどは再利用は出来ないので受け取り拒否になったりすると損害も出ます。

 

今回の件は受け取り拒否だけでなく、送り主名を店舗名にした点にも問題があったようで、依頼とは言え贈答主を記載できないような依頼を受けていいのか、問題を投げ掛けました。FBAからは購入者のアカウント情報などは来ないので、誰に何を送る指示に基づいて対処したそうですが、結果としては損害が出てしまいました。

 

通販天国の世の中ですが、依頼する側の要望なども多様化していてお店も苦悩しています。何かの参考になればと思い書きました。