Googleさんがスマホ対応サイトをモバイル検索結果で優遇するアルゴリズム変更を発表しました。4月21日から適用するとのお達しですが、私のお客様のサイトでも従来のPC中心のサイトが複数あります。

今回の通知に沿った流れとしてgoogleウエッブマスターツールに下のような注意が出されます。

mobile-friendly1

ウェブマスターツールには、Webサイトがモバイルフレンドリー(モバイル対応している)かをチェックする機能があります。そこで検出された「モバイル ユーザビリティ(モバイル対応)の問題点」がメールで通知されます。

海外SEO情報を掲載する鈴木謙一さんのサイトでも詳細が書かれています。

検索結果でもモバイルフレンドリーが単なるラベル表示からランキング要因になった様です。鈴木さんの解説によると昨年12月から検索結果に「スマホ対応」のラベルが表示されていて、これがスマホ検索の順位に影響を出すのが4月21日からということです。

自分のアカウントにgoogleウエッブマスターツールでアラートが出るのは気持ちの悪いものですし、googleからのガイドラインも発表されていますので対応を進める時期になったということです。

今回のことをきっかけに多くのサイトがスマホ対策を進めると思いますので、スマホ対応が進んでいない方はご検討いただければと思います。