弊社がお手伝いさせて頂いているお客様から新規のサイトを立ち上げたいが、コストを検証したいと相談を受けました。

現在は大手のリコーテクノシステムさんにOAなどもお任せしており、複数のWEBとメールが使えるサービスを借りてきているそうです。

先日、リコーさんでメールが1日受信ができなくなるトラブルがあり、少し考えられたようです。

端的に言えばコスト面は大手のNTT-PCコミュニケーションズやさくらインターネットなどを比較してコスト観がずいぶん違うけど、何がどう違うのかという相談でした。

確かに価格だけを比較すると以下のような感じです。

NTT-PCコミュニケーションズさんの代表的なサービスWebARENAです、最小構成で頼む場合はこのようなサービスが利用しやすいと思います。サーバー品質保証精度(SLA)を導入しており例えばメールが使えない場合、稼働状態を%でカウントして月額利用料から減額するサービスです。

この他にオプションで利用できるWEB改ざん検知とか、高機能DBへの変更などの大手ならではのサービスメニューがあって安心観の持てるサービスだと思います。

NTT-PCコミュニケーションズ
サーバータイプ SuiteX V2 共用サーバー(スタンダード/Web・メール共用)
容量 300GB
サーバー初期設定費 3,000円(請求書払い)
サーバー年額利用料 17,640円(年利用一括申し込み)
SSL 年間利用料 GlobalSign  クイック認証SSL 37,584円(通常価格)
SSL 初期設定費 8,640円

さくらインターネットさんの共用サーバーは安くネット環境を構築したい方へお勧めのサービスです。とにかく月額費用が安く、WEBサイトにモリサワフォントを利用できる(スタンダードタイプ以上)などECサイトや企業サイトCMSでもよく使われる(wordpress)なども簡単インストールが出来る導入しやすいサーバーです。

 さくらインターネット(スタンダードタイプ)
サーバータイプ 共用サーバー(スタンダード/Web・メール共用)
容量 100GB
サーバー初期設定費 1,029円
サーバー年額利用料 5,142円(年利用申し込み)
SSL 年間利用料 1,620円(Rapid)~53,460円(SureServer for SAKURA)まで4タイプ
独自SSL設定費 21,600円

元々の利用先であるリコーテクノシステムズさんのサーバーは色々なタイプがあるかと思いますが、ミニマム構成の場合の契約のようです。

リコーテクノシステムズ(ITKeeper NETBegin BBパック Select ホスティングサービス)
サーバータイプ WEBホステイング10 月額 1,080円×12カ月 12,960円
メールホステイング10 月額 1,080円×12カ月 12,960円
SSL 年間利用料 51,840円(クイックSSL認証運用代行)
ドメイン 8,424円

 

このよな違いをお客様はどう判断するのか、価格的には現状のリコーさんもNTT-PCコミュニケーションズさんも大差ない気がします。容量はリコーさんが圧倒的に少ないのですが、サーバーの安定稼働やリスクなどは分かりにくいです。

かたやさくらインターネットさんは共用サーバーと言っているように複数のユーザーがひとつのサーバーを使うことからトラブルもたまにあります。重くなったりしてメールのやり取りが遅くなるとか、WEBサイトが粘っこくなるとか。また、レアなケースですが共同で利用しているサイトにアダルトなどがあってIPアドレスがGoogle検索ではじかれてしまったりすると検索に順位が出てこなくなったとか共用サーバーのリスクもあります。

今回は現状のリコーさんのサービスを使うことになりましたが、事務効率なども考慮する必要があります。多くのドメインをひとつのサーバーで運用するのは楽ですが、ここに違う会社のサーバーを使う場合、更新などの手続きも煩雑になります。

サーバーがよく止まるとか、メールが届かないなどの問題が出た際はレンタルサーバーを変えることで改善できるケースもあります。ただし、設定はここに違うので担当者は煩雑になると思います。

やはり最初にサーバーを決めるときにどこを選ぶかが重要だと感じます。